生活の知恵 お役立ち情報

生活の知恵など知っておくと得すること、日々起こる疑問や悩みを解決するお役立ち情報をお届けします

髪だって日焼けする!美しい髪を守る紫外線対策とダメージケア

      2016/02/21

髪 紫外線

出典 http://www.atama-bijin.jp/hair_care/wp-content/uploads/2015/12/c1a1d75efd1a4760c09b14b5278fa36c.jpg

紫外線が強い季節になりましたら、お肌を守るためにきちんと紫外線対策をしているとおもいますが、お肌だけでなく、きちんと髪にも紫外線対策していますか?

髪は日光にさらされやすく、顔の2倍以上の量の紫外線を浴びてしまいますので、髪の毛をきれいな状態に保つためには、お肌と同じく紫外線対策が必要となります。

そこで紫外線が髪に与える影響と紫外線対策やダメージケアについて紹介します。

スポンサーリンク

紫外線は髪にどんな影響を与えるのか?

髪の毛の主成分タンパク質はアミノ酸のシステインが結合して出来ていますが、紫外線はこの結合を分解し、キューティクルを剥がしてしまうので、枝毛や切れ毛の原因となります。

髪の色の素となるメラニン色素も紫外線が破壊するので、日焼けした髪の毛は赤茶色の色の抜け落ちた状態になってしまいます。

このようにダメージを負った髪には適切なケアが必要になります。

髪の紫外線対策

髪 紫外線対策

出典 http://momos-navi.net/wp-content/uploads/2015/05/110609.jpg

髪の毛の紫外線対策では「日焼けを防ぐケア」「日焼け後のダメージケア」どれも欠いてはいけません。髪には死んでしまった細胞が自己修復する性質がないので、紫外線を防ぐケアがとても重要になります。

髪の日焼けを防ぐケア

日焼けを防ぐために、肌用の日焼け止めでも予防することができますが、髪の毛が白くなってしまう場合もあります。白くないならない紫外線吸収剤配合の髪用の日焼け止めを使いましょう。

髪への日焼け止めの正しい塗り方は、髪の表面だけでなく、頭皮もきちんと塗る(つける)ようにします。髪の状態を美し保ちたいのでしたら、UVカット効果がある洗い流さないタイプのトリートメントをおすすめします。

髪を日光にさらすのではなく、外出時には帽子や日傘を使用して、紫外線が直接髪に当たるのを防ぎましょう。UVカット加工された帽子や日傘ですと効果がさらに高まります。

スポンサーリンク


海水浴の後のケアはとても重要です。海水には塩分や不純物がたくさん含まれているので、髪から水分が失われ内部から乾燥していきます。海水に濡れた状態で紫外線を浴びてしまいますと、髪のタンパク質が破壊され髪のダメージが広がってしまいます。

髪が海水で濡れましたら、タオルで拭き取ったり水で洗い流すなどして、早く乾かしましょう。

日焼けをした髪のダメージケア

日焼けした髪には、キューティクル保護効果があるダメージケア用シャンプーとトリートメントでしっかりケアします。

普段のブラッシングやブロー前にも、洗い流さないタイプのトリートメントをすることが重要です。日焼け後の髪は摩擦でダメージが広がりやすくなっていますので、強いブラッシングはNGですので、髪をやさしくブラッシングしましょう。

ブラッシング 髪

出典 http://josei-bigaku.jp/wp/wp-content/uploads/2014/09/shutterstock_206609122.jpg

髪への紫外線の影響はお肌よりも強いので、毎日のケアがとてもたいせつになります。

今回紹介しましたケア方法を参考にして、紫外線のダメージに負けない美しい髪を手に入れてください。

スポンサーリンク