生活の知恵 お役立ち情報

生活の知恵など知っておくと得すること、日々起こる疑問や悩みを解決するお役立ち情報をお届けします

京都円山公園しだれ桜2017開花見ごろライトアップはいつから?

      2016/12/09

京都 円山公園 桜

出典 http://www5b.biglobe.ne.jp/~sekiyo/06.4.2.JPG

円山公園は京都市東山区にある京都で最初に造られた公園です。国の名勝にも指定され京都の人たちの憩いの場として古い歴史があり愛されています。円山公園は隣接する八坂神社境内の一部でしたが、明治初期に所有地が没収され、その区域を使用して造られたのがはじまりです。桜の季節になりますと公園内に咲き誇る「しだれ桜」目当てに、京都だけでなく全国から花見客がたくさん訪れる京都の桜の名所となっています。

今回はこの円山公園のしだれ桜の見ごろ、夜桜、駐車場情報を紹介しますので、円山公園でのお花見の参考になさってください。

スポンサーリンク

円山公園しだれ桜の開花・見ごろ

円山公園のしだれ桜は例年ですと開花が3月下旬満開と見ごろは4月上旬です。

園内にある八重桜は4月中旬まで見ごろですが、しだれ桜は4月上旬までしか観られませんので、開花期間を逃さないよう、お気をつけください。

祇園の夜桜

京都 円山公園 夜桜

出典 http://mcha.jp/wp-content/uploads/2014/04/maruyama02.jpg

円山公園のしだれ桜の正式名称は一重彼岸枝垂桜(ヒトエヒガンシダレザクラ)と言います。歌人・与謝野晶子も愛した桜の名木で、京都の人々からも「祇園の夜桜」と愛され続けています。このしだれ桜は現在が樹齢80年を超える二代目で、初代は国の天然記念物に指定されましたが昭和二年に枯れてしまいました。初代のしだれ桜は伐採さることになりましたが、地元住民の反対の声が高まり、二代目のしだれ桜が植樹されたのです。

スポンサーリンク


しだれ桜が「祇園の夜桜」と愛されているのは、夜桜の美しさにあります。円山公園ではしだれ桜の開花に合わせてライトアップが実施されます。しだれ桜のライトアップは提灯や投光器などの人工的な照明ではありません。しだれ桜をかがり火が照らします。平安時代の貴族が楽しんだ夜桜を現在によみがえらせました。漆黒の世界にかがり火よって浮かび上がる桜は鮮やかに彩られ艶やかな幻想的な美しさです。この夜桜は円山公園のしだれ桜でしか観られない醍醐味ですので、お見逃しないようお楽しみください。

かがり火によるライトアップは開花に合わせて期間が1週間ほどで、時間は日没から午後11時まで(予定)です。

円山公園 アクセス 駐車場

電車

JR/近鉄京都線・京都駅を下車 市バスD1のりば(100系統)もしくはD2のりば(206系統)乗車 祇園を下車 徒歩約5分

京阪本線・祇園四条駅を下車 徒歩約10分

阪急京都線・河原町駅を下車 徒歩約15分

名神高速道路・京都東IC下車 三条通り経由約20分

駐車場

円山公園地下駐車場
収容台数134台

お花見シーズンはたいへん混み合い周辺も渋滞します。円山公園周辺は狭い道が多く一方通行も多いので車の利便性が高くありませんので、公共交通機関を利用しましょう。

円山公園は桜名所が多い京都の中でも代表的な名所です。祇園の夜桜と呼ばれるしだれ桜のかがり火によるライトアップは、その神秘的な雰囲気を漂わせ、観る人の心までも奪う美しさに時を忘れて夜桜を堪能することになるでしょう。ぜひ祇園の夜桜を体験してください。

スポンサーリンク