生活の知恵 お役立ち情報

生活の知恵など知っておくと得すること、日々起こる疑問や悩みを解決するお役立ち情報をお届けします

母の日にプリザーブドフラワーをプレゼントするならどれがいい?

      2016/02/20

母の日 プリザーブドフラワー

出典 http://mamsdayfl.up.n.seesaa.net/mamsdayfl/image/2014-04-18_133634.png

母の日のプレゼントと言えばカーネーションなどの花を贈るのが定番ですね。花は鉢植えや花束など様々なアレンジメントができますし、贈る側も贈られるお母さんともどもうれしいプレゼントになります。

お花をもらうのはうれしいことなのですが、水やりや水替えに手間が掛かりますし、もらってからすぐ枯れてしまうと残念に思ってしまいます。

そんな花の悩みを解決してくれるのが、今回紹介するプリザーブドフラワーです。特殊な加工で生花の美しい状態を長い期間に掛けて保ち楽しませてくれるプリザーブドフラワーは、ギフトとして幅広い年代に人気となり、母の日に贈るプレゼントしても人気となっています。

それでは母の日のプレゼントとして贈られてうれしいプリザーブドフラワーを紹介します。

スポンサーリンク

プリザーブドフラワーとは

プリザーブドフラワーは名前にありますように「プリザーブド」は保存、持続するという意味があり、花本来の美しい状態で保存し長く楽しむことができます。

年齢を重ねても美しく若々しくいてほしいという願いを込めて母の日にプレゼントを贈るのなら、プリザーブドフラワーはまさにふさわしいですね。

プリザーブドフラワーはドライフラワーと違い、保存液を使って花本来の瑞々しい柔らかな質感を保ち、手間の掛かる製造工程を経ますので、鮮やかで色褪せしにくいので、美しい花の状態が長続きします。

さらに生花にはない色でも着色できますので、より華やかなアレンジメントに仕上げることができます。お手入れも水やりの手間も必要ありませんし、カーネーションのようにきれいに花を咲かせている期間が短く枯れやすい花でも、きれいな状態で長く楽しめることができます。

また花粉の心配と香りもありませんので、アレルギーを気にすることがありませんし、贈る相手を選ばないのも大きな魅力のひとつです。

プリザーブドフラワーの値段は高価なのか?

プリザーブドフラワーは加工に手間が掛かりますので、相場として生花の約3倍の値段となります。

普通の花束よりも値が張ってしまいますが、保存状態によっては数年楽しめますので、ある程度のお値段になっても納得できると思います。

プリザーブドフラワーの人気が高まり需要が増えましたので、お手頃なプリザーブドフラワーのアレンジメントがたくさん選べるようになっています。

予算に合わせて、お気に入りのプリザーブドフラワーがみつかりますので、つづいておすすめのプリザーブドフラワーを紹介します。

スポンサーリンク

フレームタイプ

母の日 プリザーブドフラワー

出典 http://image.rakuten.co.jp/blossom87/cabinet/preserved/renoir01.jpg

お部屋のインテリアとしてもマッチします。ガラスカバーがついていますので、まるで絵画のように花の美しさを際立てます。

アレンジメント

母の日 プリザーブドフラワー

出典 http://ecx.images-amazon.com/images/I/61PLn85Q1%2BL.jpg

時計と組み合わせたり、人形とセットのものなどあります。サイズも手のひらサイズからありバリエーション豊富ですので、お母さんのお好みに合ったものを選ぶことができます。

ケース付き

母の日 プリザーブドフラワー

出典 http://ecx.images-amazon.com/images/I/61PLn85Q1%2BL.jpg

プリザーブドフラワーはデリケートで生花より破損しやすく湿気に弱いので、クリアケースがセットになったものですと、きれいな状態が長続きさせることができます。

プリザーブドフラワーは加工に手間が掛かった分だけ、美しい花の状態が長続きします。バリエーションも豊富ですし、お気に入りのプリザーブドフラワーが長く楽しんでもらえるのは、贈る側としても本当にうれしいですよね。

素敵なプリザーブドフラワーをみつけてください。

スポンサーリンク