生活の知恵 お役立ち情報

生活の知恵など知っておくと得すること、日々起こる疑問や悩みを解決するお役立ち情報をお届けします

妊婦もディズニーリゾートを楽しもう!妊娠中に優遇を受けるには?

      2016/03/02

ディズニー 妊婦

出典 http://gentle-breeze.org/wp-content/uploads/2014/10/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%BA%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%80%80%E5%A6%8A%E5%A9%A6%E3%80%80%E5%84%AA%E5%85%88%E3%80%80%E5%88%B6%E9%99%90%E3%80%80%E6%A5%BD%E3%81%97%E3%81%BF%E6%96%B9-238×300.jpg

妊娠中はなにかと大変なことが多いですが、だからこそおでかけして気持ちをリフレッシュしたいですよね?何かと制約を受けることが多い妊婦さんですが、ディズニーリゾートなら楽しむことができますよ。

それでは妊婦さんが東京ディズニーリゾートで楽しむ方法と気をつけるべきことや、妊娠中に優遇を受けられるゲストアシスタンスカードについて紹介します。

スポンサーリンク

妊婦が乗れるアトラクションは?

妊娠中だからという理由でディズニーリゾートへの入場を制限されることはもちろんありません。しかし、妊婦さんに負担が掛かる可能性があるアトラクションには利用制限があります。

特に妊娠初期段階は不安定な時期ですし、安全バーがお腹に不可となってしまう可能性もありますので絶対に無理はいけません。また妊娠後期でも身重になるので動作が激しいアトラクションは自己を招く危険性があります。

妊娠中は自分だけでなく、これから生まれくるお子さんのためにも、無理は自重してパレードやショーや体に負担が掛からないアトラクションを楽しみましょう。

妊婦が乗れないアトラクション

・ディズニーランド
ガジェットのゴーコースター
グランドサーキット・レースウェイ
スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー
スプラッシュ・マウンテン
スペース・マウンテン
ビッグサンダー・マウンテン
・ディズニーシー
インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮
ストームライダー
センター・オブ・ジ・アース
タワー・オブ・テラー
フランダーのフライングフィッシュコースター
レイジングスピリッツ

妊婦は注意が必要なアトラクション

・ディズニーランド
カリブの海賊
キャッスルカルーセル
スタージェット
ピーターパン空の旅
ビーバーブラザーズのカヌー探検
ピノキオの冒険旅行
プーさんのハニーハント
モンスターズ・インク ”ライド&ゴーシーク”
ロジャーラビットのカートゥーンスピン
空飛ぶダンボ
白雪姫と七人のこびと
・ディズニーシー
アクアトピア
ジャスミンのフライングカーペット
ジャンピング・ジェリーフィッシュ
スカットルのスクーター
トイ・ストーリー・マニア

ゲストアシスタントカード

ゲストアシスタンスカード

出典 http://www.tokyodisneyresort.jp/images/bfree/assistance.jpg

ゲストアシスタンスカードとは、介助サポートが必要なことを示す証明書のことです。妊婦も対象者となっています。

サポート内容

妊婦さんは長時間の待ち時間に並ぶのは体に負担が掛かりますので、アトラクションを利用できるまでの待ち時間を別の安全な場所で過ごすことができるサポートを受けられます。

ゲストアシスタンスカードの発行を受けるには?

ゲストアシスタンスカードの発行は無料で、来園予定日の1ヶ月前から電話予約が可能です。ゲストアシスタンスカードの予約はチケット購入をしていなくても、来園日が決まっていれば予約することができます。来園当日での発行も可能です。当日発行の場合ですと、来園した日のみ利用可能です。

ゲストアシスタンスカードはアトラクションの優先権を与えられるものではなく、待ち時間や移動に負担が掛からないようサポートするサービスです。アトラクションの待ち時間を回避したい場合は、ファストパスを利用しましょう。

スポンサーリンク

ディズニーリゾートのレストラン事前予約しましょう

ディズニーリゾートのパーク内外のレストラン16ヶ所で事前予約できるサービスがあります。レストラン利用日の1ヶ月前からの予約と当日予約も可能です。

ディズニーリゾートのレストランの大変混み合う時間帯がありますので、ゆっくりと食事を楽しむために妊婦さんには嬉しいサービスとなりますね。

妊婦さんは決して無理をしていけません

妊婦さんは妊娠初期はもちろんのこと、安定期に入っていたとしても無理は禁物です。ディズニーリゾートに訪れた妊婦さんが救急搬送されることが増えているそうです。

ディズニーリゾートはとても楽しいですから、ついついはしゃいでしまい無理をしてしまいがちになりますので、特に妊婦さんは注意が必要だということを忘れてはいけません。

身軽に動けるように荷物は必要最小限に、暑さ寒さ対策も忘れずにしておきましょう。特に妊娠中はホルモンバランスが変化して日焼けしやすくなりますので、日焼け止めは必須です。

冬場のディズニーランド・シーはとても寒風が吹き荒れますので、妊婦さんは体を冷やすのは絶対にいけませんから、特にお腹(腰回り)を冷やさないようにしっかり暖められる服装で出かけましょう。

ディズニー 妊婦

出典 http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/davidsling/20160215/20160215122859.jpg

お腹にいますお子さんのためにも、無理をしないようにディズニーリゾートを思う存分楽しんでください!

スポンサーリンク