神岡南外花火大会の夜空を彩る花火と屋台の賑わいを楽しむ人々夏の夜空を鮮やかに彩る花火大会は、日本の夏の風物詩ですよね。中でも秋田県大仙市で開催される「神岡南外花火大会」は、その美しさで多くの人を魅了する人気イベントです。この記事では、2024年の開催情報はもちろん、アクセス方法や見どころ、穴場スポットまで徹底解説します。神岡南外花火大会の魅力を余すところなくお伝えしますので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

神岡南外花火大会 2024 完全ガイド

2024年の開催概要

2024年の神岡南外花火大会は、9月14日(土)に開催です。時間は18時30分から19時30分までを予定しており、約1万発の花火が打ち上げられます。会場は、雄物川河川敷で、例年、多くの人で賑わいます。花火大会当日は、大変混雑が予想されますので、時間に余裕を持って来場されることをおすすめします。また、最新情報は公式サイトなどで確認するようにしてください。

昨年の様子をレポート

昨年の神岡南外花火大会は、天候にも恵まれ、大盛況のうちに幕を閉じました。約1万発の花火が打ち上げられ、夜空を色鮮やかに染め上げました。中でも、フィナーレを飾るスターマインは圧巻で、観客から大きな歓声があがっていました。また、屋台も充実しており、地元グルメを堪能する人で賑わっていました。家族連れやカップルなど、多くの人が夏の夜を楽しんでいました。

神岡南外花火大会の魅力

神岡南外花火大会の魅力は、なんといってもその規模の大きさです。約1万発という、東北地方でもトップクラスの花火の数は、見る人の心を奪います。また、花火大会当日は、会場周辺に屋台が立ち並び、お祭り気分を盛り上げてくれます。焼きそばやたこ焼きなどの定番屋台はもちろんのこと、地元の特産品を使った屋台などもあり、目移りしてしまうほどです。さらに、花火大会会場からは、雄大な雄物川の流れを楽しむことができるのも魅力の一つです。川のせせらぎと花火の音が織りなすハーモニーは、忘れられない夏の思い出になることでしょう。そのため、毎年多くの観光客が訪れます。

アクセス情報

電車でのアクセス方法

電車で神岡南外花火大会会場へお越しの方は、JR奥羽本線「神宮寺駅」が最寄り駅となります。神宮寺駅から会場までは、徒歩約30分の道のりです。花火大会当日は、臨時バスも運行される予定ですので、そちらも利用すると便利です。ただし、臨時バスは大変混雑しますので、時間に余裕を持って行動するようにしましょう。また、帰りの電車は混雑が予想されますので、時間に余裕を持って駅に向かうことをおすすめします。

車でのアクセス方法

車で神岡南外花火大会会場へお越しの方は、秋田自動車道「大曲IC」から約20分の道のりです。会場周辺には、臨時駐車場が用意されていますが、数に限りがあります。できるだけ乗り合わせてお越しいただくか、公共交通機関をご利用いただくことをおすすめします。また、花火大会当日は、会場周辺で交通規制が実施されます。交通規制の情報は、事前に公式サイトなどで確認しておきましょう。

駐車場情報

神岡南外花火大会会場には、無料の臨時駐車場が用意されています。しかし、台数に限りがありますので、満車になってしまう可能性もあります。そのため、公共交通機関の利用をお勧めしますが、どうしても車で来場する必要がある場合は、早めの到着を心がけましょう。また、近隣住民の迷惑にならないよう、路上駐車は絶対にやめましょう。ルールとマナーを守って、花火大会を楽しんでください。

おすすめの観覧スポット

穴場スポットをご紹介

神岡南外花火大会をゆっくりと楽しみたいという方には、「雄物川河川敷運動公園」がおすすめです。花火大会会場からは少し離れていますが、その分、混雑を避けて花火を楽しむことができます。また、視界を遮るものが少なく、花火を綺麗に見ることができるのも魅力の一つです。シートや椅子などを用意して、ゆったりと花火鑑賞を楽しみましょう。ただし、夜間は冷え込むことがありますので、上着などを羽織るなどして、防寒対策をしっかりとしておきましょう。場所取りも可能ですので、早めに行って場所を確保しておくと良いでしょう。

打ち上げ場所に近いスポット

花火を間近で感じたいという方は、打ち上げ場所に近い「雄物川河川敷」がおすすめです。迫力満点の花火を体感することができます。ただし、打ち上げ場所に近い分、音や衝撃が大きいため、小さなお子さん連れの場合は注意が必要です。また、混雑が予想されますので、場所取りをする場合は、早めに行く必要があります。シートや飲み物などを用意して、場所を確保しておきましょう。周囲の人と譲り合って、気持ちよく花火を楽しむようにしてください。

写真撮影におすすめのスポット

花火と雄物川を一緒に写真に収めたいという方は、「雄物大橋」がおすすめです。橋の上から見下ろすように花火を撮影することができます。雄物大橋は、花火大会会場から少し離れた場所にあるため、比較的混雑も少なく、ゆっくりと写真撮影を楽しむことができます。三脚などを使用すると、より綺麗に花火を撮影することができます。ただし、橋の上は風が強いことがありますので、帽子などが飛ばされないように注意してください。

屋台情報

どんな屋台が出る?

神岡南外花火大会では、定番の屋台から地元グルメまで、さまざまな屋台を楽しむことができます。焼きそばやたこ焼き、フランクフルトなどの定番屋台はもちろんのこと、秋田名物のきりたんぽや横手焼きそばなどの地元グルメも楽しむことができます。また、かき氷やラムネなどの冷たい飲み物も販売されています。屋台は、花火大会開始前から賑わっていますので、早めにチェックしておきましょう。たくさんの屋台が軒を連ねているので、お祭り気分を満喫できます。

おすすめグルメ情報

数ある屋台の中でも、特におすすめなのが、「横手焼きそば」です。太めの麺と濃厚なソースが特徴の横手焼きそばは、秋田県を代表するグルメの一つです。神岡南外花火大会でも、多くの屋台で横手焼きそばが販売されています。屋台によって、味や具材が異なりますので、食べ比べてみるのも良いでしょう。また、きりたんぽもおすすめです。もち米を杉の棒に巻き付け、炭火で焼いたきりたんぽは、秋田県の郷土料理です。味噌だれや醤油だれでいただくのが一般的ですが、最近では、チーズやマヨネーズなどをかけて食べるアレンジメニューも人気です。

屋台

屋台は、花火大会会場周辺に広がっています。主な場所は、雄物川河川敷と、その周辺道路沿いとなります。営業時間は、屋台によって異なりますが、概ね17時頃から21時頃まで営業しています。花火大会開始前や終了後は、大変混雑しますので、時間に余裕を持って利用するようにしましょう。また、ゴミは所定の場所に捨てるなど、マナーを守って利用するようにしましょう。

周辺の宿泊施設

ホテル

神岡南外花火大会会場周辺には、ビジネスホテルからシティホテルまで、様々なタイプのホテルがあります。中でも、「ホテルルートイン大曲駅前」は、JR奥羽本線「大曲駅」から徒歩約3分の場所にある、アクセス抜群のホテルです。大曲駅からは、花火大会会場行きのシャトルバスも運行していますので、花火大会会場へのアクセスも便利です。また、「天然温泉 秋田玉川温泉 ホテル鹿角間」もおすすめです。こちらは、秋田県仙北市にあるホテルで、乳白色の天然温泉を楽しむことができます。花火大会会場からは少し離れていますが、車で約30分の距離です。温泉で旅の疲れを癒やしたい方におすすめです。その他にも、様々なホテルがありますので、予算や好みに合わせて選びましょう。

旅館

旅館に泊まって、ゆっくりと過ごしたいという方におすすめなのが、「旅館 川長」です。こちらは、創業100年以上の歴史を持つ老舗旅館です。雄物川のほとりに位置しており、客室からは雄大な川の景色を楽しむことができます。また、地元の食材をふんだんに使用した料理も魅力の一つです。花火大会会場からは、車で約15分の距離です。旅館の周辺には、コンビニや飲食店などもありますので、便利です。また、「奥羽山荘」もおすすめです。こちらは、秋田県仙北市にある旅館で、豊かな自然に囲まれた静かな環境が魅力です。温泉も楽しむことができます。花火大会会場からは、車で約40分の距離です。自然豊かな環境で、ゆっくりと過ごしたい方におすすめです。

ゲストハウス

リーズナブルに宿泊したいという方におすすめなのが、「ゲストハウス きらら」です。こちらは、JR奥羽本線「神宮寺駅」から徒歩約10分の場所にあるゲストハウスです。ドミトリータイプの部屋と個室タイプの部屋があり、予算や好みに合わせて選ぶことができます。また、共用キッチンや共用ラウンジなども完備されており、他の宿泊者との交流を楽しむこともできます。花火大会会場からは、徒歩約30分の距離です。アットホームな雰囲気で、他の旅行者との交流を楽しみたい方におすすめです。また、「ゲストハウス わっか」もおすすめです。こちらは、秋田県大仙市にあるゲストハウスで、築100年以上の古民家を改修した建物です。ドミトリータイプの部屋と個室タイプの部屋があり、予算や好みに合わせて選ぶことができます。共用キッチンや共用ラウンジなども完備されています。花火大会会場からは、車で約20分の距離です。古民家の雰囲気を味わいたい方におすすめです。

神岡観光も楽しもう

おすすめ観光スポット

神岡南外花火大会の前後には、周辺の観光も楽しんでいきましょう。おすすめは、「角館武家屋敷通り」です。こちらは、江戸時代から明治時代にかけて建てられた武家屋敷が立ち並ぶ通りです。国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されており、当時の面影を感じることができます。また、春には、しだれ桜の名所としても知られています。神岡南外花火大会会場からは、車で約1時間30分の距離です。歴史を感じられるスポットで、美しい街並みを散策してみてはいかがでしょうか。また、「田沢湖」もおすすめです。こちらは、秋田県仙北市にある湖で、日本에서 가장 깊은 湖として知られています。周囲は約20kmあり、遊覧船も運航しています。湖畔には、キャンプ場やホテルなどもあります。神岡南外花火大会会場からは、車で約1時間の距離です。美しい湖の景色を眺めながら、ゆったりと過ごしてみてはいかがでしょうか。

グルメ情報

神岡周辺で楽しめるグルメといえば、「稲庭うどん」が有名です。稲庭うどんは、秋田県を代表する麺料理の一つで、そのなめらかでコシのある食感が特徴です。神岡町内にも、稲庭うどんを提供する店がいくつかありますので、ぜひ試してみてください。また、「比内地鶏」もおすすめです。比内地鶏は、秋田県が誇るブランド地鶏です。その肉質は、歯ごたえがありながらも柔らかく、濃厚な旨みが特徴です。焼き鳥や親子丼など、様々な料理で楽しむことができます。神岡町内にも、比内地鶏を扱う飲食店がありますので、ぜひ味わってみてください。その他にも、地元でとれた新鮮な野菜を使った料理や、秋田の郷土料理なども楽しむことができます。

モデルコース

1日目: 東京駅を出発し、秋田新幹線で角館駅へ。角館武家屋敷通りを散策し、歴史を感じましょう。夜は、地元の食材を使った郷土料理を堪能しましょう。宿泊は、角館の旅館で。
2日目: 朝は、ホテルでゆっくりと朝食を。その後、レンタカーで田沢湖へ。遊覧船に乗ったり、湖畔を散策したりして過ごしましょう。お昼は、湖畔のレストランで、田沢湖名物のわかさぎ料理をいただきましょう。夜は、神岡南外花火大会会場へ。迫力満点の花火を堪能しましょう。宿泊は、神岡町内のホテルで。
3日目: 朝は、ホテルで朝食を。その後、チェックアウトをして、神岡町内を散策。稲庭うどんを味わったり、お土産を購入したりしましょう。お昼は、神岡町内のレストランで、比内地鶏料理をいただきましょう。その後、神岡駅より秋田新幹線で東京駅へ。
これはほんの一例です。自分の好みに合わせて、自由にプランを立ててみてください。

神岡南外花火大会の歴史

始まりはいつ?

神岡南外花火大会の歴史は、1949年にまで遡ります。終戦後の混乱期、地域復興と住民慰労のため、地元青年団の手によって「納涼花火大会」として開催されたのが始まりです。当初は小規模なものでしたが、回を重ねるごとに規模を拡大し、現在のような大規模な花火大会へと発展しました。今では、東北地方を代表する花火大会の一つとして、全国から多くの観光客が訪れるようになりました。

これまでの変遷

神岡南外花火大会は、時代の流れとともに、その内容も変化してきました。当初は、地元住民が中心となって企画・運営されていましたが、現在では、市や観光協会なども加わり、より多くの人に楽しんでもらえるようなイベントへと進化しています。花火の種類も、伝統的なものに加え、コンピューター制御による最新技術を駆使した創作花火など、多種多様な花火が打ち上げられるようになりました。また、屋台の数も年々増加しており、地元グルメはもちろんのこと、全国各地の味が楽しめるようになりました。このように、神岡南外花火大会は、常に進化を続けています。

裏話やエピソード

長年、地域の人々に愛されてきた神岡南外花火大会には、数々の裏話やエピソードがあります。その一つに、2002年の豪雨災害の際に、花火大会の開催が危ぶまれたことがありました。しかし、地元住民の熱い思いと、全国からの支援により、無事開催にこぎつけることができました。この出来事は、地域の絆の強さを改めて実感させられる出来事として、今も語り継がれています。また、毎年、花火大会のフィナーレを飾るスターマインは、地元企業や個人がスポンサーとなり、それぞれの思いを込めて打ち上げられています。それぞれのスターマインには、ストーリーやメッセージが込められており、観客を感動させています。

注意点

交通規制情報

神岡南外花火大会当日は、会場周辺で交通規制が実施されます。交通規制は、時間帯によってエリアが変更されますので、事前に公式サイトなどで確認しておきましょう。自家用車の場合、会場周辺への乗り入れは規制され、臨時駐車場も満車になることが予想されます。公共交通機関の利用がおすすめです。また、会場周辺は大変混雑し、歩行者も多いため、時間に余裕を持って行動するようにしてください。交通規制のルールやマナーを守り、安全に花火大会を楽しみましょう。

混雑状況と対策

神岡南外花火大会は、毎年大変な賑わいを見せるため、混雑は避けられません。特に、花火大会開始前後の時間帯は、駅や会場周辺の混雑がピークとなります。混雑を避けるためには、時間に余裕を持って行動することが大切です。また、できるだけ身軽な服装で、大きな荷物は持ち歩かないようにしましょう。会場内では、迷子にならないように、小さなお子さんからは目を離さないように注意してください。水分補給をこまめに行い、熱中症対策も忘れずに行いましょう。周りの人と協力し、譲り合って行動することで、快適に花火大会を楽しむことができます。

持ち物チェックリスト

神岡南外花火大会に行く際に、持っていくと便利な持ち物をチェックリスト形式でまとめました。

– レジャーシート
– 虫よけスプレー
– 扇子
– タオル
– 飲み物
– 雨具
– 上着
– ゴミ袋
– 現金

これらの持ち物を参考に、当日の天候や気温に合わせて、必要なものを準備しましょう。特に、夏の夜は冷え込むこともあるので、上着があると安心です。また、会場内では、ゴミ箱の数が限られているため、ゴミ袋を持参することをおすすめします。

まとめ

神岡南外花火大会の水面に映る花火と祭りの華やかさを捉えた風景この記事では、神岡南外花火大会2024を楽しむための情報を、開催概要から歴史、アクセス、見どころ、注意点まで網羅して解説しました。雄大な雄物川を舞台に繰り広げられる約1万発の花火は、きっと忘れられない夏の思い出になるでしょう。この記事を参考に、神岡南外花火大会を満喫してください。