生活の知恵 お役立ち情報

生活の知恵など知っておくと得すること、日々起こる疑問や悩みを解決するお役立ち情報をお届けします

矢田寺あじさい2017見ごろ開花情報!混雑と駐車場もチェック!

      2016/12/14

矢田寺 あじさい

出典 http://ena-photo.atso-net.jp/enaBlog/image/Ajisai_01.JPG

奈良県大和郡山市の矢田丘陵にあり日本最古の延命地蔵菩薩を安置する矢田寺は「あじさい寺」とも言われています。歴史古い伝統ある矢田寺ですが、あじさいの名所となったのは昭和40年頃から本尊様であるお地蔵さんにちなみ、あじさいが植え始められましたので比較的あたらしく、あじさい園には見ごろを迎えますと、約60種類1万本以上のあじさいが色とりどりに咲き誇ります。

それでは矢田寺のあじざいの見ごろ開花情報と見どころ、混雑や駐車場情報を紹介します。

スポンサーリンク

矢田寺あじさい見ごろ開花情報

矢田寺のあじさい園は6月1日(水)~7月10日(日)の開園となります。

矢田寺のあじさいは関西中心部に咲くあじさいの開花時期よりも遅く、6月初旬ごろから咲き始め、見ごろは6月中旬から7月上旬ころまでとなります。

矢田寺あじさい見どころ楽しみ方

あじさい園には約60種類1万本以上の多種多様のあじさいの花々が、色彩やかな美しい花々を咲かせる光景に息を呑むことでしょう。関西でも有数のあじさい名所ですが、あじさいが咲かせる花の色は、明るいピンク、爽やかな紫、無垢な白など色とりどりで、花色は温度や湿度によって変わりますので、開花から日々を重ねるにしたがって徐々に変化するあじさいの表情を楽しむことができます。

矢田寺 あじさい

出典 http://www.haconiwa-mag.com/magazine/2014/07/yatadera/

参道はとても狭いので、両側から溢れんばかりのあじさいがこれまでもかというほど目に飛び込んできます。さらに参道が低いところから高いところを見上げますと、周り一面360度のあじさいに囲まれます。この迫力は実際に体験することでわかりますので、圧倒的なあじさいの花々を矢田寺でぜひ体験してください。

さらに矢田寺は矢田丘陵の中腹にありますので、そこから奈良の美しい街並みを見渡せますし、谷に咲くあじさいを見下ろし、散策路の上のほうに咲くあじさいを見上げる眺めは初夏の美しさがさらに際立つ絶景となります。

矢田寺 アクセス 駐車場

電車 バス

あじさい園が開園中に合わせて近鉄郡山駅とJR法隆寺駅より奈良交通バス「矢田寺」行きの臨時バスが運行されます。矢田寺までは矢田駅停留所を下車して徒歩約5分です。

西名阪自動車道・法隆寺IC 約25分
第2阪奈自動車道・中町ランプ 約15分

スポンサーリンク

駐車場

矢田寺周辺に有料駐車場があります。近場の門下の駐車場で500円で寺院までの距離が遠くなるほど駐車料金が安くなります。

矢田寺 駐車場

出典 http://0120maririn.blog.fc2.com/blog-entry-46.html

矢田寺 混雑状況

関西有数のあじさい名所として人出がますます増えています。特にあじさい見ごろシーズンの週末休日はとても混み合い渋滞も発生します。あじさい園の開園時間は8時30分ですので、車での移動でしたら開園前の早い時間帯での移動か、公共交通機関を利用しましょう。

矢田寺 あじさい

出典 http://konphoto.up.n.seesaa.net/konphoto/image/DSC05380.JPG?d=a4

あじさいの数と種類ともども心ゆくまで楽しめるのが矢田寺です。初夏の一日を圧倒的なまでのあじさいの美しさに魅了されるのはいかがですか?

スポンサーリンク