生活の知恵 お役立ち情報

生活の知恵など知っておくと得すること、日々起こる疑問や悩みを解決するお役立ち情報をお届けします

塩で歯磨きすると口臭予防や歯が白くなる?歯茎を傷めてしまう?

      2016/03/22

塩 歯磨き

出典 http://ha-shiritai.com/wp-content/uploads/2015/04/003.jpg

ドラッグストアには様々な効能の歯磨き粉がありますよね。歯磨き粉といえども千差万別で歯の状態も個人差がありますので、どの歯磨き粉を使えばいいのかと考えていたときに思い浮かんだのが塩です。

テレビの節約術で「歯磨きは塩を使えば大丈夫」ということがやっていたのですが、本当に塩だけで歯の健康を保てるのか疑問に思いましたので、塩で歯磨きをするメリットやデメリットについて調べてみましたので、くわしく説明します。

スポンサーリンク

塩で歯磨きをする口臭予防できるのか?

口臭の原因で最も多いのは歯周病です。歯と歯茎のあいだに細菌が繁殖して病状が悪化しますが、歯間や歯周ポケットに溜まる食べかすなどを歯磨きできれいにブラッシングできれば、細菌繁殖を防ぎ歯周病を予防できて、さらに口臭予防することができます。

塩で歯を磨く効能に収斂(しゅうれん)作用があり、歯茎の水分を吸収し引きしめる効果があり、歯槽膿漏を防ぎます。

ただし磨き方を誤りますと、歯茎を傷つけ歯周病を悪化させてしまいます。塩の粒が歯の表面を傷つけることもありますので、様々なトラブルの原因となります。

歯磨き 疑問

出典 http://mlabo.net/wp/wp-content/uploads/2014/08/b6b78a05c99d022889469875d4398d61_s.jpg

また口内炎などの炎症部分に塩がしみ込むと、さらに炎症が悪化し治りを遅らせてしまいます。以前は塩で歯磨きをすすめる歯科医は多かったのですが、現在では奨励する歯科医も少なくなっています。

塩成分配合の歯磨き粉もありますが、塩以外の成分も配合されてい、塩の粒を小さくして歯にやさしい状態になっていて使いやすいので、塩で歯を磨きたいのでしたら、塩成分配合の歯磨き粉を使用しましょう。

スポンサーリンク

塩で歯磨くと歯が白くなるのか?

白い歯

出典 http://mlabo.net/wp/wp-content/uploads/2014/08/b6b78a05c99d022889469875d4398d61_s.jpg

白い歯にあこがれる方は老若男女問わずたくさんいますが、結論から先に言いますと、塩での歯磨きにはいわゆるホワイトニング効果はありません。

塩が研磨剤の役割となって汚れをきれいに落としてくれそうなイメージがありますが、先程説明したように塩の粒が歯の表面を傷つけてしまい、傷ついた部分から着色汚れや歯垢が溜まりやすくなってしまい、逆効果となってしまいます。

塩で歯磨きすることについて調べてわかったのですが、歯の健康のためにはデメリットが多いようです。しかし、口内環境は個人差がありますし、長年塩で歯を磨き続けて、入れ歯いらずで自分の歯を保っているひともたくさんいます。

歯科医 相談

出典 http://j-implant.or.jp/img/shika046.jpg

どんな歯磨き粉を使えばいいかは、かかりつけの歯科医に相談することで、いちばん適した歯磨き粉がわかりますので、いちど相談することをおすすめします。

スポンサーリンク