生活の知恵 お役立ち情報

生活の知恵など知っておくと得すること、日々起こる疑問や悩みを解決するお役立ち情報をお届けします

生理痛で本当につらい吐き気の原因は?嘔吐を止める方法は?

      2016/02/23

生理 吐き気

出典 http://www.skincare-univ.com/images/articles/4700/af9920085336m_480360.jpg

生理痛は女性にとって憂鬱で大きな悩みのひとつですし、生理痛がひどいときには仕事や家事など日常生活にも支障をきたしてしまいます。生理痛でなかでも吐き気やむかつきがひどく、嘔吐してしまうこともありましたら、生理痛があるだけでも憂鬱になるのに、さらに吐き気が重なるのは本当につらいですよね。

そこで今回は生理痛に伴う吐き気の原因、嘔吐の予防や対処法などを紹介します。

原因を知ることで吐き気を緩和、改善する自分に合った方法をみつけましょう。

スポンサーリンク

生理痛に伴う吐き気の原因

生理痛に伴う吐き気の原因は女性ホルモンの影響です。プロスタグランジンという女性ホルモンは子宮収縮を促進し経血を排出させる機能がありますが、プロスタグランジの分泌量が過度になると子宮収縮が強くなってしまい、腹部の痛みが我慢できなくなることがあります。この痛みが生理痛の原因です。

またプロスタグランジンは子宮の他にも胃を収縮させる働きもあるので、分泌量が多くなるほど胃の収縮が激しくなり、むかつきなど不快な症状となり、吐き気を感じ、生理痛と吐き気が同時に現れやすくなります。

プロスタグランジンの影響で、生理痛が起こり、不快な吐き気を感じやすくなりますので、生理中に嘔吐することがある人は、プロスタグランジンの分泌量が多いという研究結果があります。

生理痛に伴う嘔吐を止めるには?

生理痛に伴う嘔吐は、極めて不快なものですから、なんとか改善したいことですが、問題なのは吐き気の原因となるプロスタグランジンの分泌を抑える薬は、胃腸の機能を低下させてしまう副作用がありますので、吐き気がかえって強くなってしまい、逆効果になる場合があります。

嘔吐を抑え楽になるために、生理痛を和らげる鎮静剤を服用して吐き気を抑えるか、胃の収縮を和らげる副作用が少ない漢方薬などで、間接的に吐き気を抑える方法しか、薬での効果はないのです。

生理痛に伴う嘔吐を予防する方法

生理痛の吐き気の症状が同時に現れますと、根本的な対処が難しいので、予防することが最もたいせつで心掛けることです。

生理痛の原因となるプロスタグランジンの過剰分泌を防ぐために、生理前から以下のことを心掛けましょう。

スポンサーリンク

体を冷やさず温める

体を冷やしてしまうと経血の排出が弱くなりプロスタグランジンの分泌量を過剰になる原因となってしまいます。

体が冷えないよう、日頃から腹回りを暖めたり、お風呂で体をしっかり温めるなど、体を温める習慣を続けましょう。

生理 温める

出典 http://seirino-mikata.jp/img/care/care_image01.gif

日常で適度な運動

血行の促進は正常な月経に効果があります。血行を良くするためにヨガやウォーキングなど、適度な運動を日常に取り入れましょう。

生理 ヨガ

出典 http://kids.wanpug.com/illust/illust740.png

栄養バランスが取れた食生活

食事は健康を保つための基本です。食生活は栄養バランスの取れた食事からです。健康になりますし、生理中の体調を整え生理痛などの不快な症状を改善します。

生理 食事

出典 http://www.skincare-univ.com/images/articles/4695/140701_4695_333_250.jpg

生理が来る度に吐き気をもよおしてしまうのは、とてもつらいことですから、生理が来る日が近づくと憂鬱になってしまいます。つらい生理から楽になりたいのでしたら、日常からできることを見直していきましょう。健康的な生活ができていれば、ホルモンバランスが正常になり、生理に伴う不快な症状も改善できます。

つらい生理痛か解放されることに、お役に立てましたら幸いです。

スポンサーリンク