生活の知恵 お役立ち情報

生活の知恵など知っておくと得すること、日々起こる疑問や悩みを解決するお役立ち情報をお届けします

鶴舞公園の桜2017屋台ビアガーデン場所取りもこれで万全!お花見を楽しめます!

      2016/12/08

鶴舞公園 桜

出典 http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-2a-47/tansokumac/folder/1184207/46/36956746/img_2?1365241848

鶴舞公園は約1000本ものソメイヨシノが春の訪れを告げると満開の桜の花を咲かせます。毎年お花見のために多くの見物客が訪れ、そのにぎわいは名古屋の桜の名所の中でも随一です。桜の開花に合わせてライトアップや花まつりなどイベントが開催され、さらにお花見を盛り上げます。

今回は鶴舞公園の桜の開花、見ごろや、お花見を楽しむために欠かせない屋台やビアガーデンの情報を紹介します。

スポンサーリンク

鶴舞公園の桜の開花・見ごろ

鶴舞公園の桜は例年ですと開花は3月下旬満開は4月初旬です。見ごろは3月下旬から4月上旬です。

2月以降の天候によって開花時期が前後しますが、今年は暖冬ですので例年よりも早い開花が予想されます。

鶴舞公園の屋台・ビアガーデン

お花見をさらに楽しむために欠かせない美味しいたべものですが、鶴舞公園ではお花見シーズンにたくさんの屋台が出店されます。やきそば、お好み焼きといったおなじみのB級グルメから、鶴舞公園だからこそ食べられる名古屋名物もありますから、美味しいお食事を片手にお花見を楽しむことができます。

さらにお花見シーズンには名古屋で有名な浩養園の出張ビアガーデンが開催されます。期間は1週間ほどで、昨年2015年の営業時間は平日は17時30分から21時30分、土日は12時から21時30分でした。こちらのビアガーデンはメニュー豊富でジンギスカンなどがあり、生ビールが飲み放題です。

鶴舞公園 ビアガーデン

出典 http://prtimes.jp/i/12361/51/resize/d12361-51-593316-1.jpg

ビアガーデン開催中には鶴舞公園ではライトアップも実施されていますので、美味しい料理とビールとともに夜桜を楽しめます。日が暮れるまでは公園を散策しながらお花見をして、夜はビアガーデンで夜桜を楽しめば、お花見を一日中満喫できますね。

鶴舞公園でのお花見の場所取りのポイント

名古屋でも有数のお花見名所ですので場所取りは激戦です。特に週末は徹夜での場所取り組もいます。いいポジションでお花見をしたいのであれば、朝イチの始発に場所取りをしましょう。場所にこだわらなければ朝7時ぐらいでも確保できますが、早めの行動をおすすめします。

スポンサーリンク


場所取りの際にブルーシートを敷いて社名や名前などを書いた札などを書いて置いても係員に撤去されてしまいます。番をする人がいないと係員に見つかり次第撤去されてしまいますので、ご注意ください。

鶴舞公園 アクセス 駐車場

名古屋高速2号東山線・吹上東IC下車 2分

電車

地下鉄鶴舞線/JR中央本線・鶴舞駅を下車


公園内には普通車計247台収容可能な有料駐車場があります。公園周辺にも有料駐車場がありますが、お花見シーズンはたいへん混み合い周辺も渋滞しますし、駐車場も早い時間帯に満杯になりますので、公共交通機関を利用しましょう。

春のひとときに、にぎやかなお花見を楽しみたいなら、鶴舞公園でしたら心ゆくまで満喫することができますよ。鶴舞公園でのお花見を楽しむことにお役に立てましたら嬉しいです。

スポンサーリンク