生活の知恵 お役立ち情報

生活の知恵など知っておくと得すること、日々起こる疑問や悩みを解決するお役立ち情報をお届けします

お中元は上司に贈るの?新入社員のためのお中元マナー!

      2016/03/11

お中元

出典 http://job-worker.com/wp-content/uploads/2015/03/9911ec8237478edb7a1a1ee888b11218.jpg

社会人になるまでは、お中元について興味や知識がなかった方が多いでしょうから、新入社員がはじめて迎えるお中元の季節になりますと、お世話になっている上司にお中元を贈るべきなのか迷う方もいらっしゃると思います。

そこで今回は上司にお中元を贈るべきなのか?、贈るとしたらどんな品物が良くて相場はどれくらいなのかについて説明します。

スポンサーリンク

新入社員は上司にお中元を贈るべきなのか?

お中元 上司

出典 http://careerpark.jp/imgs/careerpark/resize/items/959418/cc-library010010029.jpg?width=630&height=630

新入社員でしたら会社の上司にお中元を贈るべきなのか迷うところですが、最近では会社内でのお中元のやり取りをしている会社は減っていますし、お中元を贈らなくても良いという通達を出す会社も多いです。お中元だけでなく、暑中見舞いや年賀状のやり取りもしない会社が増えているのが、ご時世です。

お中元は会社によってするかしないか決まります。お中元を贈る風習が残っている会社でしたら風習に従いましょう。お中元を贈るかどうかは先輩や同僚に相談して、周りが上司に贈っているのでしたら、お中元を贈ることを決めましょう。

お中元を贈るなら直属の上司まで?

部下と上司

出典 http://tk.ismcdn.jp/mwimgs/a/c/1140/img_acaf11f1a26ff002015c11f127bfb389147678.jpg

上司と言っても新入社員でしたら上は社長までありますから、きりがなくなってしまいます。お中元は普段お世話になっている方に感謝の気持ちを贈るものですので、直属の上司と普段お世話になっている上司に贈ればそれで大丈夫です。

上司へのお中元の相場

一般的なお中元の相場は3000~5000円です。ただし、普段からお世話になっている度合いによって金額も異なりますし、相手の上司にどれだけの感謝の気持ちを贈るかで金額も決まります。

お中元は一度贈ったら毎年贈り続けることが基本ですので、はじめてのお中元でしたら身の丈にあった金額設定をして、その年ごとの状況に応じた金額のお中元を贈りましょう。

スポンサーリンク

上司へのお中元を選ぶなら

お中元の定番は以下の品物があります。

ビール
ハム
フルーツ
スイーツ
特選品

お中元に選ばれる品物は「日常では買わないけど、ちょっと贅沢したもの」が喜ばれます。

お中元では商品券は避けるべき?

どの品物を贈ればいいのかわからないとき、当たり障りなく商品券を選ぶかもしれませんが、上司へのお中元に商品券は避けましょう。

商品券のように金額がはっきり判るものを上司や目上の方に贈るのは失礼ですし、お中元のマナーとしてふさわしくありません。

また、お中元の定番にビールがありますが、アルコールが飲めない上司にビールを贈ることは配慮に欠けますので、事前に好み趣向をチェックしておきましょう。

お中元にマナーがありますが、いちばん大切なのは感謝の気持ちです。上司に喜んでもらえる感謝の気持ちがこもった、お中元を選んで下さい。

スポンサーリンク