生活の知恵 お役立ち情報

生活の知恵など知っておくと得すること、日々起こる疑問や悩みを解決するお役立ち情報をお届けします

花フェスタ記念公園バラ祭り2017春秋の見ごろ割引情報もあります!

      2016/12/13

花フェスタ記念公園 バラ園

出典 http://shunnoshun.com/wp-content/uploads/2014/05/baraen.jpg

花フェスタ記念公園は岐阜県可児市の80.7haの広大な敷地に、品種数7千品種3万株のバラが植えられ、バラ園としては世界最大規模を誇ります。バラは春や秋の特定の季節にしか咲かない「一季咲き」のものと、春から霜が降りるころまでくり返し咲き続ける「四季咲き」のものがあります。

花フェスタ記念公園では一年を通じて特定の時期にしか咲かないバラなど、様々な色とりどりのバラや花々を楽しむことができます。バラが最も見ごろとなる春と秋の期間中にはバラ祭りが開催され、世界有数のバラ園に多くの人が訪れます。

それでは花フェスタ記念公園のバラの見ごろ、バラ祭りについて、さらにアクセスや駐車場情報を紹介します。

スポンサーリンク

花フェスタ記念公園のバラの見ごろは?

花フェスタ記念公園のバラの見ごろはです。

春の見ごろは5月下旬から6月上旬。秋の見ごろは10月下旬から11月上旬です。

スポンサーリンク

バラ祭り

花フェスタ記念公園 バラ園

出典 http://photo1.ganref.jp/photo/0/aa13d9034bd21fe5d6cb7f915be11eca/original.jpg

春のバラ祭りは毎年5月中旬から約1ヶ月、秋のバラ祭りは毎年10月中旬から約1ヶ月の期間開催されます。バラ祭りではコンサートやトークショーなどイベントも数多く開催されます。

春のバラは一年で最も多くの花を咲かせ、華やかで優美なバラが甘い香りともに優雅な世界を漂わせます。

秋のバラは花のボリュームでは春に劣りますが、気温が低下する時期に蕾がゆっくりと生長するので、蕾にはより多くの色素や香り成分が積み重なり、バラの花の色と香りもより濃厚となります。色彩やかで香り豊かな秋バラに包まれる穏やかなひとときを過ごせます。

花フェスタ記念公園の見どころ

バラ園だけでなく、世界中の花々を一年を通じて大温室「花の地球館」と「大温室花の地球館」があります。ここでしから観られないような珍しい品種の花もありますので、花づくしの一日を楽しく過ごすことができます。

花フェスタ記念公園の入園料

通常時の入園料は500円ですが、春秋のバラ祭り期間中の入場料は1000円(高校生以下は無料)となります。

割引サービス

例年ですとバラ祭り期間中は有料入園者が園内で使える500円割引クーポン券が配布されます。さらにJAF会員限定割引、コンビニやチケットぴあでの前売り券で入場料10%引きとなります。

花フェスタ記念公園 アクセス 駐車場

電車 バス

名鉄広見線・新可児駅を下車 東鉄バス・花フェスタ記念公園行き 約10分

東海環状自動車道・可児御嵩IC下車 約5分

駐車場

園内西駐車場 1000台
園内東駐車場 700台

スポンサーリンク

臨時駐車場
ふれあいパーク・緑の丘

※土日のみ花フェスタ記念公園までの無料シャトルバスが運行されます。
可児市役所

平成記念公園日本昭和村

バラ祭り期間中土日のみの臨時駐車場です。
※土日のみ花フェスタ記念公園までの無料シャトルバスが運行されます。

バラ祭り期間中の週末祝日は会場周辺や駐車場がたいへん渋滞し混雑します。週末は車でお越しになるなら臨時駐車場からシャトルバスの利用か、公共交通機関を利用しましょう。

バラの見ごろを迎えるの春と秋の2回です。美しいバラを記憶に残したいのでしたら、世界一とも言えるバラ園の花フェスタ記念公園でお楽しみください。お気に入りの美しいバラを見つけてくださいね。

スポンサーリンク