生活の知恵 お役立ち情報

生活の知恵など知っておくと得すること、日々起こる疑問や悩みを解決するお役立ち情報をお届けします

江戸川花火大会2017日程!場所取りするなら厳選穴場スポット5選!

      2016/12/16

江戸川花火大会

出典 https://www.city.edogawa.tokyo.jp/hanabi/syasin.images/01.jpg

東京都内でも各地で花火大会が開催されますが江戸川花火大会は他の花火大会とは違います。お隣の千葉県市川市の合同開催となりますので規模が大きく、人出は隅田川花火大会を超える日本一の花火大会です。江戸川花火大会の人出は約90万人で、市川と合わせると130万人もの見物客が訪れる花火大会はとても盛り上がりますし、場所取りも熾烈を極めます。

それでは江戸川花火大会の日程と穴場スポットを紹介しますので、花火大会を楽しむために参考になさってください。

スポンサーリンク

江戸川花火大会2016日程

江戸川花火大会は市川市民納涼花火大会と合同開催で今年も同時に行われ、例年8月第一土曜日に開催されますので、今年2016年の開催日は8月6日(土)です。悪天候の場合は翌日の8月7日(日)に延期されます。

打ち上げ時間:19時15分頃~20時30分頃(予定)
打ち上げ場所:江戸川河川敷(江戸川区上篠崎1-25)
打ち上げ数:14000数(予定)

場所取りするなら穴場スポット5選

篠崎公園

打ち上げ場所からすぐに近くにあるので人気観覧場所となりますが、芝生広場の敷地が広く、24時間利用可能な駐車場もありますので、少し早めに行けば場所取りできます。

市川市側の江戸川河川敷

河川敷は最も人出が多く混雑する場所ですが、市川市側の河川敷は多少人出が少なくなりますので、きれいな花火を観たい方で早い時間帯から場所取りできるのでしたら、おすすめです。

篠崎ポニーランド

河川敷から少し離れますので、人出もかなり空いてきますので、花火をよく観られる穴場スポット鳴ります。

スポンサーリンク

江戸川駅から千葉街道の陸橋下

周りに視界を遮る高層ビルなどがなく花火をはっきりと観られます。江戸川駅から徒歩約8分ですので、駅から近いのもポイントです。

大洲防災公園

市川市側の公園で、河川敷の混雑を避けたい方におすすめの観覧場所となります。

江戸川花火大会の有料席の詳細

有料席が設けられますが、すべて市川市側で江戸川側には有料席がありません。有料席のチケットは7月初旬にチケットぴあで販売となります。

桟敷席:定員4名 1枡18.000円
ペア席:定員2名 1シート10.000円
椅子席:定員1名 1席6000円

江戸川花火大会の見どころ楽しみ方

江戸川花火大会

出典 http://pds.exblog.jp/pds/1/201008/10/77/f0237077_233357.jpg

江戸川花火大会のみどころは5秒の間に1000発もの花火が繰り広げられるオープニング花火です。これを見逃しては江戸川花火大会の醍醐味を楽しめませんので、打ち上げ時間に間に合うよう余裕を持って現地に到着しましょう。

また江戸川花火大会は屋台が規制されていますので、会場近くや最寄り駅のコンビニやスーパーなどで事前に買って観覧場所に持参するようにしてください。

江戸川花火大会をぜひ楽しんでください!

スポンサーリンク