生活の知恵 お役立ち情報

生活の知恵など知っておくと得すること、日々起こる疑問や悩みを解決するお役立ち情報をお届けします

赤ちゃんも日焼け止めが必要です!塗り方と落とし方は?赤ちゃんの日焼け対策

   

赤ちゃん 日焼け止め

出典 http://www.babytopia.jp/resources/wp-content/uploads/2013/07/sunscreen-baby.jpg

暖かくなってきますと赤ちゃんとお出かけする回数が増えますね。天気のいい日にお出かけすることは、赤ちゃんお母さんにとっても気持ちいいことですから楽しいですよね。そんな楽しいお出かけで気になるのが赤ちゃんの日焼けですが、きちんと日焼け対策をしていますか?

赤ちゃんの日焼け対策として日焼け止めの塗り方や落とし方など、わからないことが多いお母さんがいらっしゃると思います。

そこで赤ちゃんのための日焼け対策について、くわしく説明します。

スポンサーリンク

赤ちゃんにも日焼け止めは必要です

赤ちゃんの日焼け止めを考えてなかったお母さんもいるかもしれませんが、赤ちゃんのお肌は大人以上にデリケートですので日焼け対策することは欠かせません。
特に日差しが強い時間にお出かけしますと、直射日光が赤ちゃんに当たりお肌が水ぶくれになったり、やけどに近い状態になってしまうことがあります。

それに紫外線を浴び続けますと、赤ちゃんのお肌に悪影響を及ぼしてしまいますので、赤ちゃんの時期からの日焼け対策が必要になります。

赤ちゃんの日焼け対策

赤ちゃんの日焼け対策の基本は「直射日光を直接当てない」「日焼け止めで紫外線から肌を守る」です。

ただし生後3が月未満の赤ちゃんの肌はとてもデリケートで刺激に弱いので、日焼け止めを使うことは避けて、直射日光が直接赤ちゃんのお肌に当たらないようにしましょう。赤ちゃんが自力に歩けるようになりましたら、日焼け止めを使ってさらにお肌を守ります。

直射日光を直接当てない

赤ちゃん 日焼け止め

出典 https://farm2.staticflickr.com/1483/24455736152_084f547a41_m.jpg

ベビーカーにサンシェードやUVカット機能がある薄い布製品を取り付けて、風通しのよい状態にして、熱中症にならないよう日焼け止め対策をします。帽子をかぶせてあげますと、さらに効果があります。また体を覆うポンチョも日焼け止めに効果を発揮します。

まだ自力で立てない赤ちゃんのお出かけは、日差しが強くなる日中よりも、早朝か夕暮れの日差しが弱い時間帯に行いましょう。

日焼け止めで紫外線から肌を守る

赤ちゃん 日焼け止め

出典 http://www.naturalweb.co.jp/shopping/skincare/images/sunshild00.jpg

赤ちゃんが自力で歩き始めるとサンシェードや帽子だけで日差しを遮るのは難しくなります。そうなりましたら赤ちゃんでも使える市販の日焼け止めクリームなどを使いましょう。大人用の日焼け止めは肌への刺激が強いものもありますので、低刺激タイプの日焼け止めを選んでください。

赤ちゃんへの日焼け止めクリームの塗り方・落とし方

日焼け止めクリームを赤ちゃんに塗るときは、肌を強く擦らないよう、指の腹を使ってやさしく撫でるように塗りましょう。汗をかくと日焼け止めが落ちますので、2,3時間ごとに汗を拭き取り、その後に塗り直しましょう

日焼け止めは、その日の夜のお風呂で塗り残しがないよう、きれいに洗います。石鹸で洗えば塗り残しなくきれいに落とせます。お湯は35~38度くらいで、やさしく日焼けどもを落として上げましょう。

赤ちゃんのお肌を紫外線から守ってあげましょう

お肌が敏感でデリケートな赤ちゃんですから、お母さんが気をつけてあげなければいけません。

今回紹介しました日焼け対策を参考にして、赤ちゃんのお肌を紫外線から守ってあげてくださいね。

スポンサーリンク